卒業生の声

<3期生の声>

”優しいアプローチ、見守ること、時間をかけることが、ヒーリングには大切だということが分かりました。そしてこれは自分に対しても同じだということ。自分にイライラすることがあるけれど、これに気づいて、イライラしなくなりました”

”自分を理解して自分を癒せるようになりたいと思って始めたコースでしたが、やっていくうちに、セラピストをやっていた頃を思い出しました。そして、これは自分のためだけでなく、人にもやってあげたいと思うようになりました。人に触れることの楽しさ、喜び、その幸福感を感じています。チネイザンは優しくて、オープンで誰にでもできるものだろうけれど、一方ですごく奥が深いなとも感じています”

”自分がわからなくなっていたので、最初は自分を見つめ直すということが課題で受講したのですが、チネイザンを習う中で、自分が、〇〇すべき…とか、〇〇しなければ…というところに無意識に囚われていたことを実感しました。これだけ体が緩んでいる状態が本来の状態なんだということを、自分に教えてあげられた時間でした。なので、これがノーマルな状態だよということを体に覚えさせて、これを基底において、これからの生活や考え方などを新ため、生活していきたいです”

⭐️3期
週末集中コース:2020年7月23~ 8月11日
火曜日コース:2020年7月21~9月15日

 

<2期生の声>

”2回目でしたが、ただただ楽しかったです。2回目でゆとりができたこともあったためだと思います。同じことを繰り返すことで習得することができました。日常でいろんなことがあっても、仲間とクラスに参加するこで助けられ、前向きに素直に過ごせた今期でした”

”他のボディワークもしていますが長続きせず、でもチネイザンは続いていいます。言葉でのコミュニケーションではない、お腹を通してのコミュニケーションで相手と繋がれることが楽しいです。スクールに参加した時とコースを終えた時では、自分の心持ちが変化していることに気づきました。日常における関係性も変わり、会社での苦手な上司との関係も変化して、それが嬉しいです。ライフワークとしてこれからもチネイザンを続けたいです”

”すごくいいアイテムを見つけた!という気持ちです。他のマッサージでもお腹に触れることがあり、そこに怖さを感じていましたが、お腹のことをちゃんと習うことで、それがなくなりました。触れさせてくださる方の反応もよくて、自分を感じてくださっていて、ストレスを抱えている多くの人たちに、このマッサージが必要だと思います。探求するのがとても楽しかったです。今はもっともっと学んでいきたいです”

⭐️2期:2019年9月14~12月14日

 

<1期生の声>

”自分のブロックを外す作業でもありました。相手と向き合い、他の人との距離を縮めることができてきたように思います。これからも切磋琢磨しながら、自分のブロックもさらに外れていくことをみていきたいです”

”手の触覚で人と繋がれるのがチネイザンだと感じます。習うまでは、人の体に触れることが怖かったけれど、チネイザンを習ってからは触れることへの怖れがなくなり、触れることで起こるエネルギーの交換などが楽しく、そこに本質的なことがあるのではないかと思います。頭だけでなく、体で交流することの大切さが、わかるようになってきました”

”いちばん感じたことは、自分の内臓が愛おしくなり感謝が湧いたことです。内臓って日常の直接的なこと(食べ物や感情)に影響受けているのに置いてきぼりにしてきたことに気づきました。自分の体を大事にしようと思えるようになりました。役立っていることは、教えてもらった手技を自分にしてあげられること。また経絡を教えてもらえたことも実生活の中で役立っています。8回終わったらもう少しできるのではと簡単に考えていましたが、思ったより難しいこともあり、それほどチネイザンが深いものだとわかりました。感じることを訓練していきたいです”

⭐️1期:2019年5月15~8月28日